ul要素[HTML5]

<ul>…… 順序のないリストを表示する

<ul>タグはunordered listの略で、順序のないリストを表示する際に使用します。リスト項目は、<li>タグで指定します。

<ul>タグで作成されるのは順序のないリストなので、リスト項目の順序を変えても文書の意味は変わりません。順序のあるリストを作成する際には<ol>タグを使用してください。

■HTML4.01からHTML5へのバージョンアップによる変更点

HTML4.01では、ul要素にはtype属性が用意されており、リストの先頭記号(リストマーカー)の種類として、黒丸(disc)・白丸(circle)・黒い四角(square)を指定することができました。

HTML5では、ul要素のtype属性は廃止されています。リストマーカーのスタイルを指定する際には、CSSのlist-style-typeプロパティを使用してください。例えば、黒い四角(square)なら以下のように記述します。

[html]
<ul style="list-style-type: square">
<li>いちご</li>
<li>イチジク</li>
<li>一味唐辛子</li>
</ul>
[/html]

以下の使用例では、今までに住んだことのある街を箇条書きにしていますが、リスト項目の順序を変えても文書の意味は変わりません。順序に意味がある場合には、<ul>ではなく、<ol>を使用します。

■HTML5での使用例

[html]
<p>私は今までに以下の街に住んだことがあります。</p>
<ul>
<li>札幌</li>
<li>東京</li>
<li>大阪</li>
<li>博多</li>
</ul>

<p>私は今までに以下の順で引っ越しをしました。</p>
<ol>
<li>大阪</li>
<li>札幌</li>
<li>東京</li>
<li>博多</li>
</ol>
[/html]

参考:http://www.htmq.com/html5/ul.shtml

カテゴリー: HTML5, HTMLの基礎知識, ナレッジノート   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。