var要素[HTML5]

<var>…… 変数であることを示す

<var>タグはvariableの略で、変数であることを示す際に使用します。数式やプログラムの中の変数そのものや、文章中に変数名が出てくる場合などに使用できます。

■HTML4.01からHTML5へのバージョンアップによる変更点

var要素は、HTML4.01からHTML5へのバージョンアップで大きな変更はありません。

■HTML5での使用例

[html]
<p>
鶴が<var>x</var>羽と亀が<var>y</var>匹います。頭の数はあわせて8で足の数はあわせて26です。<var>x</var>と<var>y</var>の値を求めなさい。
</p>
[/html]

参考:http://www.htmq.com/html5/var.shtml

カテゴリー: HTML5, HTMLの基礎知識, ナレッジノート   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。