sub要素[HTML5]

<sub>…… 下付き文字を表示する

<sub>タグはsubscriptの略で、下付き文字を表す際に使用します。

<sub>は、特定の意味を持つ表記方法のために使用する要素です。単に文字が下付きになるという表示の見栄えを目的として<sub>を使用してはいけません。この要素が無ければ意味が変わってしまう場合にのみ使用します。

数学的表現では、下付き文字や上付き文字がよく使用されます。数学のマークアップにはMathMLを使用することが推奨されていますが、精密な数学的マークアップをする必要が無ければ、<sub>や<sup>を使うことができます。

変数に下付き文字を持たせる際には、<var>~</var>の中に<sub>を配置します。例えば、X1,X2,X3,…という具合に変数に番号を振って数字部分だけを下付きにしたい場合には、<var>X<sub>1</sub></var>という具合にマークアップします。

■HTML4.01からHTML5へのバージョンアップによる変更点

sub要素は、HTML4.01からHTML5へのバージョンアップで大きな変更はありません。

■HTML5での使用例

[html]
f(<var>x</var>, <var>n</var>) = log<sub>4</sub><var>x</var><sup><var>n</var></sup>
[/html]

参考:http://www.htmq.com/html5/sub.shtml

カテゴリー: HTML5, HTMLの基礎知識, ナレッジノート   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。