b要素[HTML5]

<b>…… 文書内のキーワードや製品名など、他と区別したいテキストを表す

<b>タグは、文書内のキーワードや製品名など、他と区別したいテキストを表す際に使用します。

一般的に印刷される際に太字となるようなテキストです。その箇所が重要であるという意味や強調する役割はありません。<b>は、他により適切な要素が存在しない場合の最終手段として使用するべきものです。

特に、見出しには<b>ではなく、<h1> – <h6>を使用してください。また、強勢する箇所を示す場合には<em>、重要性を示す場合には<strong>、テキストをハイライトして目立たせる場合には<mark>を使用します。

■HTML4.01からHTML5へのバージョンアップによる変更点

b要素は、HTML 4.01ではテキストを太字にすると定義されていましたが、HTML5では他と区別したいテキスト・印刷される際に太字となるようなテキストを表すと変更されています。

■HTML5での使用例

[html]
<p>
当軒は<b>注文の多い料理店</b>ですからどうかそこはご承知ください
</p>
[/html]

参考:http://www.htmq.com/html5/b.shtml

カテゴリー: HTML5, HTMLの基礎知識, ナレッジノート   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。