文字コードは何を使えばいいの?

ホームページで使える文字コードには、JIS・Shift-JIS・EUC-JP・UTF-8など多くありますが、多様な言語を扱えるUTF-8がお薦めです。

文字コードとは、コンピュータで文字を扱うために、各文字に割り当てた数字の組み合わせのこと。文字コードにはいくつかの種類があり、ホームページでも、さまざまな文字コードが利用されています。

meta要素での指定(HTML4.01、XHTML1.xまで)

[html]
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" />
[/html]

meta要素での指定(HTML5、HTML書式)

[html]
<meta charset=utf-8" />
[/html]

XML宣言での指定

[html]
<?xml version="1.0" encodeing="utf-8"?>
[/html]

カテゴリー: HTMLの基礎知識, ナレッジノート, 文字コード   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。