CSSの使い分け その3

お勧めのCSSハックのコードとそれによるブラウザの振り分け

[html]
<link herf="import.css" rel="stylesheet" type="text/css" media="screen,tv" />
<!–[if IE 5]>
<link herf="ie5.css" rel="stylesheet" type="text/css" />
<![endif]–>
[/html]

まずは、media属性の値に「screen」以外の値を指定することでNN4への適用を排除。

import.css内で
[css]@import "style.css"; [/css]

url()内ではなくて、@importに続けてすぐ読み込むCSSファイル名を記述することでIE4への適用を排除。
読み込むCSSのファイル名をシングルクォート「’」で囲むことでMac版IE5への適用を排除。

[html]
<!–[if IE 5]>
<link herf="ie5.css" rel="stylesheet" type="text/css" />
<![endif]–>
[/html]

条件分岐コメントにより、IE5.xのみに読み込ませるCSSファイルを指定。

以上がCSSハックのコードの使用例となります。

カテゴリー: CSS, HTMLの基礎知識, ナレッジノート   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。