aside要素[HTML5]

<aside>…… 余談・補足情報のセクションであることを示す

<aside>タグは、その部分がウェブページ内における余談・補足情報のセクションであることを示す際に使用します。ここで言う余談・補足情報とは、本文と関連してはいるけれど区別して掲載するべき内容のことです。例えば、印刷物などで本文の補足として欄外に掲載されるような内容です。

<aside>でタグ付けした要素は、あくまでも本文から外れる余談・補足情報ですから、本文の流れの一部となる挿入句(カッコでくくって差し込むような内容など)に対して、<aside>タグを使用するのは適切ではありません。

■HTML4.01からHTML5へのバージョンアップによる変更点

aside要素は、HTML5から新たに追加された要素です。

■HTML5での使用例

[html]
<p>
ホームページ制作のことなら、アドワークスにお任せください。
</p>
<aside>
<h1>アドワークスとは</h1>
<p>
ここに、アドワークスについての補足情報等を記述します。
</p>
</aside>[/html]

参考:http://www.htmq.com/html5/aside.shtml

カテゴリー: HTML5, HTMLの基礎知識, ナレッジノート   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。