area要素[HTML5]

<area>…… イメージマップのハイパーリンク領域を設定する

<area>タグは、イメージマップのハイパーリンク領域を設定する際に使用します。<area>は<map>~</map>の中に配置します。

href属性は、ハイパーリンク先のURLを指定する際に使用します。href属性を指定する場合には、alt属性が必須となります。alt属性にはハイパーリンクのテキストを指定します。反対に、href属性を指定しない場合には、alt属性も省略しなくてはなりません。

尚、href属性を指定しない<area>は、その領域からリンクを外すという意味を持ちます。他のhref属性を指定した<area>と組み合わせることで、例えば、円形から三角形を切り抜くなど、より複雑な形状のハイパーリンク領域を指定することが可能となります。

ハイパーリンク領域の形状は、shape属性で指定します。指定できる形状は、円形・多角形・四角形のいずれかで、circle・default・poly・rectなどのキーワードで指定します。shape属性を省略した場合には、ハイパーリンク領域の形状は四角形となります。

  • circle …… 円形(正円のみ指定可能、楕円は指定できない)
  • default …… 初期状態(画像全体がハイパーリンク領域となる)
  • poly …… 多角形
  • rect …… 四角形

coords属性は、ハイパーリンク領域の座標を指定する際に使用します。座標は、半角カンマ( , )区切りの整数のリストで指定します。

shape属性でcircleなどのキーワードで円形を指定している場合には、coords属性の値は3つの整数のリストとなります。1つ目の整数は画像の左端から円の中心までのピクセル距離、2つ目の整数は画像の上端から円の中心までのピクセル距離、3つ目の整数は円の半径のピクセル距離となります。

shape属性でdefaultのキーワードで初期状態を指定している場合には、coords属性は指定できません。この場合、画像全体がハイパーリンク領域となります。

shape属性でpolyなどのキーワードで多角形を指定している場合には、coords属性の値は少なくとも6つ以上の偶数個の整数のリストとなります。整数2つごとに順番にペアとなって座標が決定されますが、整数のペアが3組あれば三角形、4組あれば四角形、5組あれば五角形…という具合です。各ペアは画像の左端と上端からのピクセル距離となります。

shape属性でrectなどのキーワードで四角形を指定している場合には、coords属性の値は4つの整数のリストとなります。shape=”poly”で四角形を指定する場合は8つの整数のリストが必要ですが、shape=”rect”で四角形を指定する場合は4つの整数のリストです。

4つの整数はそれぞれ順番に、
画像の左端からハイパーリンク領域の左端までのピクセル距離、
画像の上端からハイパーリンク領域の上端までのピクセル距離、
画像の左端からハイパーリンク領域の右端までのピクセル距離、
画像の上端からハイパーリンク領域の下端までのピクセル距離、
となります。

target属性・ping 属性はハイパーリンクをどのようにたどるかを、rel属性・media属性・hreflang属性・type 属性は、ハイパーリンク先がどのような性質であるかを示す際に指定します。target属性・ping属性・rel属性・media属性・hreflang属性・type 属性は、href属性を指定しない場合には省略しなくてはなりません。

■HTML4.01からHTML5へのバージョンアップによる変更点

area要素は、HTML5ではnohref属性が廃止されています。一方で、新しくhreflang属性・media属性・rel属性・type属性が追加されています。

■使用できる属性

alt属性
ハイパーリンクのテキストを指定
coords属性
ハイパーリンク領域の座標を指定
shape属性
ハイパーリンク領域の形状をキーワードで指定(circle・circ・default・poly・polygon・rect・rectangle)
href属性
ハイパーリンク先のURLを指定
target属性
ハイパーリンク先を開くターゲットを指定
ping属性
ハイパーリンクをたどったことを通知するURLを指定
rel属性
ハイパーリンク先との関係を指定
media属性
ハイパーリンク先のメディアを指定
hreflang属性
ハイパーリンク先の言語を指定
type属性
ハイパーリンク先のMIMEタイプを指定

■HTML5での使用例

[html]
<img src="images/area.gif" usemap="#sample" alt="サンプル" width="384" height="128">
<map name="sample">
<area href="aaa.htm" shape="rect" alt="四角形" coords="15,19,126,104">
<area href="bbb.htm" shape="circle" alt="円形" coords="197,69,54">
<area href="ccc.htm" shape="poly" alt="多角形" coords="306,12,261,109,378,92">
</map>
[/html]

参考:http://www.htmq.com/html5/area.shtml

カテゴリー: HTML5, HTMLの基礎知識, ナレッジノート   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。